のみ♥子育てネットワークのはじまり

2001年春にスタートした活動です。
「子ども達が、心も体ものびのびと健やかに育つために」又「子育てしやすいまちにするために」、少しでも出来ることをやろうという仲間のネットワーク。
無理をしないで長く続けようがモットー。思いつきで動く市民ならではの身軽さや気楽さを大切にしつつ、取り組みや活動には子育て応援″の熱い思いがこめられています。『人のネットワーク』が、子どもの成長を支える大きな力になると考え、そのきっかけ作りを活動の中心に据えています。
コンサートや学習会など、赤ちゃんからお年寄りまでいろいろな人が楽しく集う企画を通して、人と人が自然につながるよう願っています。
それによって、地域の子どもを大切に思う気持ちや、子育てを応援する優しい目が広がっていくことを祈っています。

団体紹介

@ 目的

 「子ども達が、心も体ものびのびと健やかに育つために」 又「子育てしやすいまちにするために」、多くの優しい目や ネットワークが必要だと考えています。
『人と人をつなぐために』、今私たち市民に出来ることは何かを考えながら活動を続けています。
赤ちゃんからお年寄りまでいろいろな人が楽しく集う企画を通して、“子育て”に関心を持ち、応援する気持ちが広がっていくことを祈っています。

A 団体の概要

★平成13年春、約10名が集まって「子育てワーキンググループ」として活動開始
★平成17年4月、「のみ♥子育てネットワーク」と改名
★モットー:無理せず出来る事をして、楽しく続けよう!
  ・ネットワーク会員  約100名
  ・定例会  月2回(第1,第3金曜日)に開催
    《内容》子育ての現状の話し合い 実行委員や会員の意識向上のための学習 企画の準備、計画
   ・特別準備会  企画実施の際にその都度集合

B 主な活動

・子育て事業や子育て中パパママの研修会等の託児
・0歳から入場できるふれあいコンサート ・子育て応援「出前コンサート」(小学校・保育園)
・「子どもに食べさせたい料理の学習会食」食と子どもや子育てを考える!
  (味噌作り、地元の伝統料理等含む) 食を通じてつながろう!
・野菜作り(畑から食卓まで)
・子育て応援フリーマーケット
・子育て応援、ネットワーク拡大につながる講演会 / 学習会 
・冒険企画『ぼくもわたしもトムソーヤ!』 親も子も自分発見!
・行政や各種団体の子育て応援に関わる事業に協働・協力
・子育て応援スタッフのスキルアップ研修

活動内容

(1)【実態調査による意識啓発】
          ・実態調査し、更に結果を返してどう感じるかを意識調査
          ・市内に広報して子育てに関する意識啓発を図る

(2)【子どもにたべさせたい料理の学習会】
    ・対象:子どものいる家族
    ・目的:*環境や季節、自然栽培の野菜についての認識
           *昔からの食の知恵を知る(お年寄りとのふれあい)
           *親子、地域住民、世代間等の交流
    ・連携:護美ワーキンググループ、健康推進課、福祉課 子育て支援センター、公民館
*採れたての山の食材や自然栽培手作り野菜を使って、おばあちゃんたちと一緒に、時にはお父さんも交じって、
  自然や昔からの知恵や子育ての話をしながら楽しく学び交流している。
*おばあちゃんたちに教えていただきながら、肥やし袋でトマトや枝豆栽培を実践したこともあり、食材作りから学ぶ
*畑を貸してくださる方がいて、種まきから教えていただきながら、現在大根を栽培中、
  もうすぐその大根で親子大根寿司の学習会をする予定、地域の協力や理解が嬉しい。

(3)【0歳から入場できるふれあいコンサート】
    ・対象:0歳からどなたでも
    ・目的:*親子、家族のふれあい *地域の子どもや子育て中の家族と住民との出会い
          *家族が、子育てや日常の疲れをリフレッシュする
   ・連携:図書館、生涯学習課、福祉課、健康推進課
*赤ちゃん連れで入場が出来ないころからの活動で好評
*普段は子どもと関わりのない入場者の方にも、地域の子どもや子育て中の家族を知ってもらい、
  優しい気持ちで支えていただくきっかけに

   【出前コンサート】 
    ・対象:保育園児と家族・小学生
    ・目的:子どもたちの優しい心や元気な心を育て、守る
    ・連携:保育園、学校、生涯学習課、学校教育課

(4)【子育て応援フリーマーケット】
    ・対象:子どものいる家族 ・目的:*いろいろな世代や家族同士の出会いと交流
        *子どもの衣類やおもちゃ日常品の無駄をなくす *みんなで助け合って子どもを育てる
         という意識啓発
    ・連携:公民館他利用各施設、子育て支援課、子育て支援センター
*毎年春夏ものと秋冬ものの2回の実施で、顔みしりや友達になったりする家族が増えている。
*子どもはもちろん、お父さんやおじいちゃんおばあちゃんも一緒に出店の手伝いをしたり、買い物をしたりする微笑
  ましい光景が見られる。
*市内だけではなく、近隣市町の人とのつながりも広がる

(5)【冒険企画 『トムソーヤ』】
    ・対象:子どものいる家族
    ・目的:大人も子どもも、自然の中で新しい発見や体験をする。 子どもの自主性や、責任感、協力する気持ちを
     育てる 親子が互いの新しい発見をして絆や信頼を深める 大人も子どもも新しい仲間作りをする
    ・連携:生涯学習課、スポーツ課、子育て支援課、健康推進課、 学校教育課、里山ファン倶楽部、
        社会福祉協議会、能美市立図書館
*親子ともにのびのびと自然の中で楽しく関われる。
*幼児から中学生、大人まで参加者みんなが協力できる。
*子どもは互いに教えあったり助け合ったりできる。
*いい仲間づくりができて、つながりの場になる。
*大人も子どももともに成長できる。